京都伏見店075-623-4082 京都松井山手店075-874-1777
お見積依頼 メールフォーム

新着情報

店長ブログ

ルイヴィトンの命名規則、由来について⑩。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんばんは、おはようございます、こんにちわ

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

最後に財布の名前のアルファベット表記をリストににしています。

それではご覧ください。 

 

ポルトフォイユ・サラ Portefeuille Sarah

ポルトフォイユ・ロン Portefeuille Long

ポルトフォイユ・マルコ Portefeuille Marco

ポルトフォイユ・ミュルティプル Portefeuille Multiple

ポルトフォイユ・ヴィエノワ Portefeuille Viennois

ポルトフォイユ・マリー Portefeuille Marie

ポルトフォイユ・イリス Portefeuille Iris

ポルト ビエ・コンパクト Porte-billets compact

ポルトモネ・ビエ ヴィエノワ Porte-monnaie billets viennois

ポルトモネ・ビエ トレゾール Porte-monnaie billets Tresor

ポルトフォイユ・アコルデオン Portefeuille Accordeon

ポルトフォイユ・トレゾール Portefeuille Tresor

ポルトフォイユ・アンソリット Portefeuille Insolite

ポルトフォイユ・ブラザ Portefeuille Brazza

ポルトフォイユ・フロリン Portefeuille Florin

ポルトビエ・カルト クレディ モネ Porte-billets cartes credit monnaie

ポルトモネ・クレディ Porte-monnaie credit

ポルトモネ・ビエ カルトクレディ Porte-monnaie billets cartes credit

ポルトモネ・アンソリット Porte-monnaie insolite

 

今回はここまで。

次回は続くかわかりませんが、また私の商品知識が日の目を見る時が来るときがあるかもしれません。

その日が来るまで、それでは皆様ごきげんよう。

 

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について⑨。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんにちわ、 こんばんは、おはようございます

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

 

型番シリーズ第五段、小物編です。

表のサイズが大きいので横にはみ出してしまいますがご容赦ください。

 

名前 モノグラム ダミエ アズール グラフィット エピ黒 特徴
ミュルティクレ4 M62631 N62631 N60020 × M63822 4連キーケース
ミュルティクレ6 M62630 N62630 N61745 N62662 M63812 6連キーケース
             
エテュイ・シガレット   N63024       シガレットケース
             
ジッピー・コインパース M60067 N63070 N63069 N63076 M60152 ジッピータイプのコインケース
ポシェット・クレ M62650 N62658 N62659     キーフック付きコインケース
ラドロー M61927         カード入れ付フタ付コインケース
ポルト・モネ・グゼ M61970         馬蹄型コインケース

 

今回はここまで。

次回はルイヴィトン豆知識最終編、名前のアルファベット表記についてご紹介します。

 

それでは皆様ごきげんよう。

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について⑧。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

おはようございます、こんにちわ、 こんばんは、

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

 

型番シリーズ第四段、ロングウォレット編です。

表のサイズが大きいので横にはみ出してしまいますがご容赦ください。

 

名前 モノグラム ダミエ アズール グラフィット エピ黒 特徴
ポルトフォイユ・ブラザ M66540 N60017 N63506
※ダミエコースト
N62665 M60622 内側右手下部分に斜めカットのポケあり
ポルトフォイユ・コロンブス M60252 N63022 × N63116 × 内側右手下部分にV字型のポケあり、ブラザとの違いは小銭入れのマチ
             
ポルトトレゾール・インターナショナル M61215 N61215 × × M63382 カードポケ6枚
ポルトフォイユ・インターナショナル M61217 N61217 N61732 × M63722 上の奴の新しい版。カードポケ10枚。よく見る
ポルトフォイユ・ジョセフィーヌ M60708
※フューシャ
N63543
※ライニング赤
N63545 ×  × 三角フラップの三つ折り長財布
ポルト トレゾール・エテュイ・パピエ M61202 N61202       インターナショナルの幅やや短い版
ポルト トレゾール・エテュイ・シェキエ M61200         パピエのカードポケットが縦横入れ替わったやつ

 

 

今回はここまで。

次回はその他のお財布や小物系列の型番についてご紹介します。

 

それでは皆様ごきげんよう。

 

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について⑦。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんばんは、おはようございます、こんにちわ。

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

 

型番シリーズ第三段、コンパクトウォレット編です。

がま口財布や男性に人気なポルトフォイユ・マルコなどを掲載しています。

表のサイズが大きいので横にはみ出してしまいますがご容赦ください。

 

名前 モノグラム ダミエ アズール グラフィット エピ黒 特徴
ポルトパピエ・ジップ M61207 × × × × ホック付きカードポケットとジップ小銭入れのやつ
コンパクトジップ M61667 N61668 × × × 上の奴の小型版。よく見る。
             
ポルト・ビエ・カルト クレディ モネ M61665 N61665 × × M63542 マルコ旧型。内側左手カードポケ3枚
ポルトフォイユ・マルコ M61675 N61675 N60018 N62664 M60612 内側左手カードポケ4枚
ポルトフォイユ・マルコNM M62288 × × N63336 M62289 内側右手小銭入れフタが三角
             
ポルトモネ・ビエ ヴィエノワ M61663 N61663 × × M63242 古い方。内側左手カードポケ4枚
ポルトフォイユ・ヴィエノワ M61674 N61674 N61676 × M63642 新しい方。内側左手カードポケ5枚、右手カードポケ3枚

 

今回はここまで。

次回は二つ折り長財布とジッピーウォレット以外の長財布の型番についてご紹介します。

 

それでは皆様ごきげんよう。

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について⑥。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんにちわ、こんばんは、おはようございます。

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

 

前回に引き続き型番シリーズ第二段、ジッピーウォレット編です。

ジッピーウォレットや、それに類するジッパーを使った財布の型番一式になります。

表のサイズが大きいので横にはみ出してしまいますがご容赦ください。

 

名前 モノグラム ダミエ アズール グラフィット エピ黒 特徴
ジッピー・ウォレット M60017 N60015 N60019 × M60072 一番人気でよく見かける。
ジッピー・ウォレット(新型) M42616 N41661 N41660 × M61857 旧型との違いは不明
ジッピーウォレット・レティーロ(黒) M61855 × × × × ジッピーの縁付き財布。
ジッピー・コインパース M60067 N63070 N63069 N63076 M60152 ジッピータイプのコインケース
ジッピーウォレット・ヴェルティカル M60109
※マカサー
N61207 × N63095 M60965 グラフィット版のジッピーだが、完全にフラットになるなど形が違う
ジッピー・オーガナイザー M60002 N60003 N60012 N63077 M60632 ヴェルティカルの大型版みたいなの(縦横1cmずつup)。パスポートが入るサイズ
ジッピー・オーガナイザーNM M62581 N63502 × N60111 M62643 上の奴の新型
ポルトフォイユ・クレマンス M60742
※フューシャ
M60534 N61210 × M60915 ライニング色たくさん。ポルトモネジップのカードポケ増やしたジッピーと別の進化版。
ポルト モネ・ジップ M61727 N61728 × × × ジッピーウォレットの旧式。内側カードポケットが中央部にしかない
ポルトフォイユ・アンソリット M60042
※アルマニャック
N63071 N63072 × × 内側ダブルスナップボタンで閉じる二つ折り財布。カードポケ12枚。
端にD環があり別売りのチェーンがつけられる
ポルトフォイユ・トレゾール M61736 N61736 N61744 × M63972 いわゆるL字ファスナー財布

 

今回はここまで。

次回はコンパクトウォレット系列の型番についてご紹介します。

ポルトフォイユとポルトモネの違いは以前にお話ししましたが、それがよく表れる部類になりますね。

それでは皆様ごきげんよう。

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について⑤。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

おはようございます、こんにちわ、こんばんは。

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

本日は私は常々気になっていたルイヴィトンの財布の型番をまとめたものになります。

表のサイズが大きいので横にはみ出してしまいますがご容赦ください。

何回かに分けてご紹介させていただきますのでよろしくお願いします。

 

 

名前 モノグラム ダミエ アズール グラフィット エピ黒 特徴
ポシェットポルト・モネ・クレディ M61725 N61725 × × × カードポケット2枚。
ポシェットポルト・モネ・カルトクレディ M61726 N61724 × × M63592 カードポケット6枚。
ポルトフォイユ・サラ M61734 N61734 N61735 × M63742 カードポケット10枚。一番よくみる。
新型ポルトフォイユ・サラ M60531 N63209/
N60531
N63028 × M60582 内側カードポケ増量、三角フラップ
ポルトフォイユ・エミリー M60697
※フューシャ
N63019 N63546 × M60852
※赤色
モノグラムとダミエはライニングの色がたくさんある。エピの黒はない
ポルトフォイユ・アコルディオン M58008 N60002 × N60023 M30992
※タイガ 黒
チェーン付の蛇腹長財布。エピはなかったので代わりにタイガのアルドワーズ

  

今回はここまで。

次回はジッピーウォレット系列の型番についてご紹介することにしましょう。

それでは皆様ごきげんよう。

 

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について④。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんばんは、おはようございます、こんにちわ

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

本日は前回にお話ししたグラフィットラインで特に名前が気になる鞄があったので、そこからご紹介。 

 

まずは一つ目、タダオ。

タダオ、なんとも日本人的な名前で最初に見たときは異様に目を引きました。

このかばんは正方形トートにショルダーストラップが付いた、満員電車やカフェなど人で込み合う都会でスッキリ持てるタイプのものになります。

その名前の由来は、やはり日本の建築家、安藤忠雄先生がもとでした。

 

そもグラフィットラインのアイテムは、ハイアットホテルを運営するプリツカー財団から授与される賞、その名もずばりプリツカー賞の受賞者から名前を付けられているそうです。

レムは、定番のショルダーバッグ「アマゾン」グラフィット版のような鞄です。

これはオランダの建築家レム・コールハース氏が由来です。

カジュアル大容量なフラップショルダーであるレンツォは、イタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏が元。

2wayビジネスバッグのヨーンは、デンマークの建築家ヨーン・ウツソン氏から。

 

それぞれどうしてその名前が付いたのか。

形からビビッとクルものがあったのか、それぞれの先生の特徴が当てはまったのか。

私にはわかりませんでしたが、名前の由来はとにかくそういうことのようです。

 

さて、本日はここまで。

次回は趣向を変えてヴィトンの型番の一覧を載せていきます。

それでは皆さんごきげんよう。

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について③。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんばんは、おはようございます、こんにちわ

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

ルイヴィトンはフランス発祥のブランドらしく、フランスにまつわる名前が多く出てきます。

特に初期から存在するモノグラムラインはその特徴がよく表れていますので、今回はその一部をご紹介しましょう。

 

ハンドバッグの定番であるアルマは、フランス、パリはセーヌ川にかかるアルマ橋(Alma)から名前が付きました。

側面にファスナーが付いた長方形のカバンであるシテは、セーヌ川の中央に浮かぶシテ島(Cite)から。

丸っこい形ながらたっぷりものが入るトートであるヴァヴァンは、パリの地名からヴァヴァン(Vavin)。

ショルダーバッグのブローニュは、パリの森林公園であるブローニュの森(Boulogne)から。

定番セカンドバッグであるオルセーは、パリの行政区の一つ、オルセー(Orsay)から。

同じ行政区つながりなら金色のボールチャームがかわいらしいポパンクール・オや、ビジネスバッグとして使われるモンソーもその一つです。

 
今では海外にも名前が知られるようになった世界企業ルイヴィトン。
そのためか日本人の名前が付いたもの、日本由来のものから名前がとられたものなども存在します。

 

さて、本日はここまで。

次回はグラフィットラインの名前についてお話してくことにしましょう。

それでは皆さんごきげんよう。

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について②。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

こんにちわ、こんばんは、おはようございます

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

今回はルイヴィトンのお財布の話です。

 

ルイヴィトンのさいふで有名なものといえば、ポルトフォイユサラ。

二つ折りの長財布で、時代の流れとともに進化していったお財布となります。

そのもっともわかりやすい変化はカードポケット。

昔は小銭とお札が入れられれば十分ということが多く、シンプルな形のものがほとんどでした。

それは名前にも表れ、俗に旧ポルトフォイユサラとも言われる、ポシェットポルトモネクレディというお財布には、カードポケットがたった2枚しかありませんでした。

 

これは名前の違いにも表れています。

それぞれの名前、ポルトフォイユとポルトモネは、どちらもフランス語で財布(Portefeuille/Porte-monnaie)という意味です。

違いは、前者がお金以外にもカードなど色々入れるタイプで、ポルトモネは基本お金だけを入れるタイプということです。

ざっくり言えば、それぞれたっぷり入る長財布と、シンプルな二つ折り財布についていることが多いということになります。

 

他にもポルトビエは札入れ、カルトクレディはクレジットカードという意味で、その名前が付く財布を見ていると特徴から名前を付けているのだなぁと実感します。

 

さて、本日はここまで。

次回はモノグラムのカバンの名前についてお話してくことにしましょう。

それでは皆さんごきげんよう。

 

 

ルイヴィトンの命名規則、由来について①。リサイクルマート京都松井山手店 店長ブログ

2018年09月27日 [店長ブログ]

おはようございます、こんにちわ、こんばんは。

リサイクルマート京都松井山手店 店長の西です。

今回はルイヴィトンの命名規則や由来についてお話ししたいと思います。

 

まず、ルイヴィトンといえば言わずと知れたフランスのハイブランドです。

その歴史を調べれば輸送手段の進化とともに成長していったブランドであるといえます。

船旅で水難にあっても大丈夫なように水に浮く旅行鞄。

鉄道旅行で使った衣類を入れておくサブバッグでもあったスティーマーバッグ。

今でも旅行用ボストンバッグの定番であるキーポル(KEEPALL)も、もとは補助鞄としてスーツケースに入れておくものだっというのですから、その仲間といえるでしょう。

 

まずはここまで。

次回はお財布の名前についてお話してくことにしましょう。

それでは皆さんごきげんよう。

 

 

 
メニュー
アーカイブ
買取実績一覧
買取実績の一覧を見る
ホームページを見た!でなんと 買取金額アップ!
お客様の声
Yahoo!オークション リサイクルマート
金・プラチナ買取
  • ブランド買取店ガイド
  • 金買取
  • リサイクルショップ100

受付時間 10:00~19:00 不定休